株人気ベスト3一覧表

順位 1位 2位 3位
商品名 楽天証券
SBI証券
野村証券

現物手数料 55円~ 55円~ 150円~
ポイントサービス あり あり なし
アプリ あり あり あり
リンク

株サイト一覧

株口コミ情報

  • NISAとは少額投資非課税制度のことをいいます。 通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。 NISAは、「NIS...

    >>続きはこちらから

  • 優待クロスとは?株主優待を取得するための手法の一つです。 株主優待の権利を取るために、現物株を買い注文、その逆の売り注文を信用取引で行うことで、 手数料のみのノーリスクで株主優待の権利を取得できる手法...

    >>続きはこちらから

  • 1株でもいいから好きな会社の株を持っていたい! そんな方に是非、知って欲しいのが1株単位で株が購入できる証券会社です! 1株単位で株が購入できる証券会社には、 LINEポイントで株式投資ができるLI...

    >>続きはこちらから

  • IPOとは?新規公開株のことなのですが、抽選方式と裁量方式というものがあります。 裁量方式とは、投資利用金額などに応じて優先的に配分してくれるものになります。 ただ、裁量式には数千万円~数億円の運用が...

    >>続きはこちらから

  • iDeCo(イデコ個人型確定拠出年金)を始めたい!という方のためにおすすめの証券会社を紹介していきます! iDeCo運用商品取り扱い数で比較すると SBI証券が83種と多く、マネックス証券が26種、大...

    >>続きはこちらから

  • 突然ですが。。。 お金がなくても、投資が始められるって知ってましたか?! 最近、学生・若い会社員・主婦の人などが続々と投資を始めているんです。 余った手元にあるポイントで始める副業!としてSNSなど...

    >>続きはこちらから

  • マレーシアとは 財団法人ロングステイ財団の調査において、オーストラリアやハワイといった人気地域を抑え、 13年連続(2006~2018年)で日本人が住みたい国1位に選ばれている国がどこかご存知でしょう...

    >>続きはこちらから

  • 「EXE-i(エクゼアイ)」は、SBI証券のアセットマネジメント会社であるSBIアセットマネジメントが組成・運用する投資信託商品です。複数のETF(上場投資信託)に投資するという手法を取っているのが...

    >>続きはこちらから

  •  信用取引には、一般信用取引と制度信用取引の2種類があります。 一般信用取引とは、株式投資家が証券会社におカネや株を借りて行う普通の信用取引のことです。おカネを借りる場合は、そのおカネで株を買うわけで...

    >>続きはこちらから

  •  株式投資では、立会外分売というものがあります。これは、上場株式を市場の立会時間以外の時間に売る制度です。株式の発行会社がある程度まとまった株数を売りたい時に使います。市場が開いている時間帯にいきな...

    >>続きはこちらから

  •  個人投資家や海外のヘッジファンドのなかには、株式投資をする際に信用取引を行う人がいます。信用取引には2種類あります。ひとつは、自分が実際に持っている資金以上の金額の株を買う「信用買い」です。もうひと...

    >>続きはこちらから

  •  2本の移動平均線がどのように交差するかを名付けたものがゴールデンクロスとデッドクロスです。ゴールデンクロスは、これから株価が上げる局面に入ったことを、デッドクロスは、これから株価が下げる局面に入った...

    >>続きはこちらから

  •  株式投資で株価が上昇する局面にあるか、下降する局面にあるかをビジュアルに判断できる指標です。経験則をもとに株価のこれからの動きを予測する「テクニカル指標」のひとつですが、割と正確に予測できるため、活...

    >>続きはこちらから

  •  株式投資において円高になると強いセクターと弱いセクターは、円安のときに強いセクターと弱いセクターの反対になります。  円高になりますと、輸出品は輸出先の通貨に換算すると値段が高くなります。価格競争力...

    >>続きはこちらから

  •  ロシアルーブル建社債とは、文字通り、ロシアの通貨であるルーブルでロシアの企業が発行する社債に投資する投資商品です。  日本では、スイスの大手金融機関、クレディグループなどが組成した商品をマネックス証...

    >>続きはこちらから

  •  メキシコ株投信とは、メキシコの企業、または、メキシコでビジネスの大部分を展開している企業を対象に、株式投資を行う投資信託商品です。  イギリスに拠点を構える大手金融グループのHSBCが組成し、201...

    >>続きはこちらから

  • PTS取引とは、日本語で「市場外取引」といいます。東京証券取引所、大阪証券取引所といった証券取引所以外で上場株式を売り買いできるシステムです。具体的には、SBI証券グループが開設している私的な取引所の...

    >>続きはこちらから

  •  株式投資の世界では、「業界」のことを「セクター」といいます。銀行の社長を頭取と呼ぶのと同じで、特に意味はありません。  ただ、株式投資において、同じセクターの銘柄は、マクロ面で経済の動きがあった場合...

    >>続きはこちらから

  •  最近、株式分割を発表する会社が増えています。株式分割とは、文字通り1株をいくつかの割合で分割することです。分割の時期や割合は会社側が原則的に自由に決められます。2分割、3分割といった整数で分割するこ...

    >>続きはこちらから

  • 会社が倒産しない限り、どんな会社の株価も上がったり下がったりを繰り返します。業績が非常に好調な会社でも株価が上がりっぱなしということはありません。反対に、経営があまりうまくいっていない会社でも株価が下...

    >>続きはこちらから

  • 出来高とは、株式投資において売り買いが成立した株式数のことを指します。たとえば、100株の買い注文と、100株の売り注文があって、売り買いが成立した場合、出来高は100株になります。 ただ、株式投資の...

    >>続きはこちらから

  • 株式投資で含み損(まだ決済していないが、今、決済すれば、損失が出る状態のこと)が発生しているとき、「いつかは必ず株価は上がる」などと思って、じっと耐えていたら、さらに株価が下落して損失が増えてしまう―...

    >>続きはこちらから

  • 株式投資をしていると、チャートのローソク足に重なるように折れ線グラフが付いているのを見ることがあります。これが、移動平均線です。 移動平均線には、5日平均線、25日平均線、75日平均線、13週平均線、...

    >>続きはこちらから

  • BPS(ビー・ピー・エス)とは、日本語で「一株当たり純資産」といいます。企業の純資産を発行済み株式数で割った値です。 BPSの意味を非常に簡単に申しますと、「会社が仮に潰れたとした場合に、株主に帰って...

    >>続きはこちらから

  • 配当利回りとは、1年間の配当金を株価で割った値です。これに100をかけてパーセント表示にしたものを一般的には使います。 株式投資で得られる収益は、大きく分けると売却益と配当金になります。配当利回りは配...

    >>続きはこちらから

  • 特定株とは、オーナーやその家族が保有する株といったように市場で売買することが目的になっていない株のことです。特定株にはこのほか、取引のある銀行が持っている株、取引先の企業が持っている株、業務提携をし...

    >>続きはこちらから

  • 日本の株式市場は、外国人投資家の割合が70%を超えています。外国人投資家は、一部のヘッジファンドを除いて信用取引をしません。現物買いをしています。しかも、外国人投資家は、兆円単位の取引をします。 で...

    >>続きはこちらから

  • 新聞の株式市場欄を見ると、よく四角い白と黒の棒が並んだ図を見ることが多いと思います。これを株価チャートと言います。  この棒は、1日の株価の動きを示したものです。1本の棒に、その日は前日に比べて株価が...

    >>続きはこちらから

  •  株式投資をするうえで投資の判断基準となるのは、「ファンダメンタル」、つまり、会社が収益を上げられるかどうかということと、「株式の流動性」、つまり、株を買いたい、あるいは売りたいというときにいつでも自...

    >>続きはこちらから

  • 日本版ISA(NISA(ニーサ))とは、年間100万円までの株式投資か、公募型の株式投資信託への投資に対し、売却益や配当といった利益にかかる税金をゼロにします、という制度です。日本版ISAは、201...

    >>続きはこちらから

  •  トルコリラ建社債とは、トルコの社債にトルコの通貨であるリラで投資する商品です。イギリスに本拠を置く大手金融グループのバークレイズなど、海外金融機関が組成しています。日本では、これをマネックス証券な...

    >>続きはこちらから

  •  自分年金積立とは、一部の証券会社が販売している投資信託商品です。特徴は、3点。 ①投信積立のように毎月、決まった金額で投資信託商品を買い増していく ②商品の設計が老後に備えたリスク設定になっている ...

    >>続きはこちらから

  •  投信積立とは、毎月一定金額で投資信託商品を買い続ける仕組みを言います。証券会社や銀行などで簡単に申し込みや手続きができます。  具体的には、証券会社や銀行が取り揃えた複数の投資信託商品の中から毎月購...

    >>続きはこちらから

  •  株式投資における国際分散投資とは、投資先を日本株だけでなく、海外の株式にも広げることです。  国際分散投資を行うメリットは、リスクを回避できるということです。リスクとは、株式の暴落による損失発生の危...

    >>続きはこちらから

  •  公募増資とは、会社が新しく株券を発行して、一般の投資家に広く売り出すことです。英語では、Public Offering(PO)といいます。  公募増資をする理由は、まず、会社が資金調達をしたいためで...

    >>続きはこちらから

  •  株主優待を受けるためには、権利取り日(権利付き最終日)と呼ばれる日にその会社の株を保有している必要があります。  権利取り日とは、株主優待を受ける権利が得られる日(権利確定日)から3営業日前を指しま...

    >>続きはこちらから

  •  ETFとは、株式投資における、一般的な投資信託と個々の会社への株式投資とのちょうど中間的な商品です。初心者には、お薦めかもしれません。  ETFは、株式指数に連動するような商品設計になっています。具...

    >>続きはこちらから

  •  証券会社は、対面販売形式によるものと、インターネットによる取引を行うものの2種類があります。 対面販売形式の証券会社とは、昔ながらの証券会社です。東京・兜町などに本社を構え、営業地域に支店を置いて、...

    >>続きはこちらから

  •  外貨MMFは、投資信託商品のひとつです。日本の投資家から預かったおカネを外国の通貨に換えて債券などに投資するというかたちを取ります。  投資先は、格付け(格付け会社という専門の組織が、債券などがどの...

    >>続きはこちらから

  • REIT(リート)とは、投資信託の一種です。投資信託とは、資産運用のプロにおカネを預けて投資してもらうタイプの投資手法です。投資する対象の違いによって、株式投資信託、債券投資信託など様々な投資信託があ...

    >>続きはこちらから

  •  信用取引とは、一定金額の保証金(委託保証金)を証券会社の口座に入れて、その金額の数倍の金額で株式投資を行うことです。取引を行うには、信用口座を開設する必要があります。また、取引前には、審査がある場合...

    >>続きはこちらから

  •  株式投資信託とは、株式投資を対象にした金融商品のひとつです。投資信託会社という会社が商品を作り、銀行や証券会社を通じて販売しています。    投資信託会社は、「○○投信」「○○投資顧問」「○○投信...

    >>続きはこちらから

  •  株式市場で株を売買する場合、会社ごとに最低売買単位というものがあります。一定の株数でないと株式投資ができないという制度です。 具体的には、1株、100株、1,000株という売買単位があります。100...

    >>続きはこちらから

  •  IPOとは、まったく新しく株式市場に上場することをいいます。IPO銘柄に投資するとは、いわゆる"新人"に投資するということです。 新人さんですので、市場での事前の期待が高い場合は、あっという間に株...

    >>続きはこちらから

  •  株式投資は、株を売却した場合の売却益と、配当で利益を得ます。そして、これらの利益には、銀行預金の利子に税金がかかるのと同じく、税金がかかります。 他に本業となる仕事を持っている個人投資家の場合でも...

    >>続きはこちらから

  •  投資スタンスとは、株式投資をするうえでの基本的な姿勢のことです。人それぞれで、様々な投資スタンスがあります。 ただ、初心者の方には、株式投資を実際に行う前にまず最低限、決めておいていただきたいスタン...

    >>続きはこちらから

  • 株式投資では、株価は毎日、変わります。変わる理由は、すべて受給によります。簡単に言いますと、ある会社の株が欲しいと思う投資家が多くて、それよりも売りたいと思う投資家が少なければ、株価は上昇します。反対...

    >>続きはこちらから

  •  株式投資をする投資家が得られる利益には、株の売り買いによって得られる利益(売買益)と、配当が主なものです。配当とは、会社の所有者である株主に対して、会社が稼いだ毎年の利益の一部を分配することです。...

    >>続きはこちらから

  •  株式投資は、東京証券取引所や、各証券会社が開設している「私設取引所(しせつとりひきしじょ)」といわれる取引市場で上場株式といわれる特定の会社の株を売買する行為です。上場株式をそれ以外の方法で売買する...

    >>続きはこちらから

  •  株とは、会社の所有権を証明する書面のことです。現在、上場株式(取引市場で誰でも自由に取引できる会社の株)は電子化され、コンピューター上で管理されていますので、書面ではなくなっています。しかし、イメ...

    >>続きはこちらから

  • 100円ショップ向け 商品、ハンドメイド資材・ アイテム、暮らしを彩るアートや デザインなどを展開 上場市場 JASDAQスタンダード 幹事証券会社 抽選申込期間 8月26日(月)~8月30日(金) ...

    >>続きはこちらから

  • 1株でもいいから好きな会社の株を持っていたい! そんな方に是非、知って欲しいのが1株単位で株が購入できる証券会社です! 1株単位で株が購入できる証券会社には、 LINEポイントで株式投資ができるLI...

    >>続きはこちらから

  • バーチャルプライベートクラウドによる業務システム仮想化と「4D王」による空間仮想化のプロ集団 上場市場 福証Qボード 幹事証券会社 抽選申込期間 8月26日(月)~8月30日(金) 主幹事会社・・・エ...

    >>続きはこちらから

  • 現在、証券会社の中にはポイント(Tポイント、楽天ポイント、LINEポイント)で株式投資ができるところがあります。 楽天ポイントで株式投資ができるのは楽天証券になります。 LINEポイントで株式投資がで...

    >>続きはこちらから

  • PTS(Proprietary Trading System)とは、投資家が証券取引所を経由せずに株式などを売買できる「私設取引システム」を指します。 PTSを利用すれば、東証が開いている時間外(夜間...

    >>続きはこちらから