現物手数料
信用手数料
PTS取扱
アプリ
外国株式取扱

ETFについて

 ETFとは、株式投資における、一般的な投資信託と個々の会社への株式投資とのちょうど中間的な商品です。初心者には、お薦めかもしれません。

 ETFは、株式指数に連動するような商品設計になっています。具体的には、東京証券取引所の1部市場に上場しているすべての株式の動きを指数化した「TOPIX(トピックス)」に連動する商品、日本経済新聞社が日本を代表する上場企業225社を対象に株価の動きを指数化した「日経225株価」に連動する商品などがあります。

 株式投資の初心者にお薦めなのは、こういった株式指数に連動して値段が動くという点にあります。個々の企業の株式に直接投資する場合には、その企業の中身を調べる必要があります。さらに、その企業が投資家に人気があるのかどうかといったことも調べて投資する必要があります。

 しかし、ETFは、株式市場全体の動きに連動します。ですから、経済情勢や為替、政治状況など、マクロ的な環境を分析するだけで値段が上がるか下がるかが判断できます。

ETFは、日本語で上場投資信託といいます。名前のとおり、株式市場に上場しています。ですから、好きな時に株式市場で売り買いができます。

 また、ETFは、個々の企業への株式投資と同じように指値(さしね)や、成り行きでの売り買いができます。指値とは、「この値段で売ります」とか、「この値段で買います」といったように売り買いの値段をあらかじめ指定して行う株式投資です。成り行きとは、文字通り「とにかくいくらでもいいから売りたい(買いたい)」といって注文を出すことです。ETFはこういった売り買いができますので、個々の企業の株式に投資しようとした場合にも経験を活かすことができます。

 ただ、ETFは投資信託ですから、運用している投資信託会社に運用手数料を払う必要があります。しかし、一般の投資信託に比べますと、手数料は割安になっています。

 ETFを購入するための資金は、おおよそ10万円以上必要です。ですから、数万円程度から株式投資をやってみたいという初心者の方には、少しリスクが高いかもしれません。

なお、SBI証券などは海外ETFなども取り扱っています。