現物手数料
信用手数料
PTS取扱
アプリ
外国株式取扱

EXE-i(エクゼアイ)

「EXE-i(エクゼアイ)」は、SBI証券のアセットマネジメント会社であるSBIアセットマネジメントが組成・運用する投資信託商品です。複数のETF(上場投資信託)に投資するという手法を取っているのが特徴です。ETFはインデックスファンド(株価指数など、ある指数に連動して価格が動く投資商品)ですので、リスクが低いといえます。しかも、手数料が安いという点も個人投資家にとってはメリットといえます。

 エクゼアイには、5つの投資信託商品がラインアップされています。「EXE-i先進国株式ファンド」「EXE-i新興国株式ファンド」「EXE-iグローバル中小型株ファンド」「EXE-i先進国債権ファンド」「EXE-iグローバルREIT(上場不動産投資信託)ファンド」の5つです。

 「先進国株式ファンド」は、米国、欧州と日本を除くアジア・太平洋地域の大型株ETFに投資します。「新興国株式ファンド」は、文字通り、新興国の株式を対象にしたETFに投資します。「グローバル中小型株ファンド」は、米国の中小型株、米国以外の先進国の中小型株、新興国の中小型株のETFに投資します。「先進国債権ファンド」は、米国債券と米国以外の債権のETFに投資します。そして、「グローバルREITファンド」は、米国のREITと米国以外のREITに投資します。

 「EXE-i」の5つのファンドは、他のファンドと比較して20~50%程度、信託報酬が安く設定されています。

 「EXE-i」は、2014年1月からスタートする「日本版ISA(アイサ)」に対応する商品として開発された点も大きな特徴です。日本版ISAとは「日本版少額投資非課税制度」と呼ばれています。投資金額で100万円までの株式投資や投資信託投資で得た値上がり益と配当に対して、5年間、税金がかからないという制度です。5年間ですので、最大、500万円までの投資に課税されないことになります。株式や投資信託への投資で得た利益は今まで特別に10%の軽減税率が適用されていました。しかし、それが廃止され、税率が20%になるのに合わせて、個人投資家への優遇措置として導入されるのです。

 「EXE-i」のような低コストでリスクの低い投資商品は、日本版ISAを活用する際にぴったりな商品といえるでしょう。