現物手数料
信用手数料
PTS取扱
アプリ
外国株式取扱

日本版ISA(NISA(ニーサ))

日本版ISA(NISA(ニーサ))とは、年間100万円までの株式投資か、公募型の株式投資信託への投資に対し、売却益や配当といった利益にかかる税金をゼロにします、という制度です。日本版ISAは、2014年1月から導入されます。

 日本版ISAとは、英語のIndividual Savings Account(個人貯蓄口座)の日本版と言う意味です。個人貯蓄口座を開設し、それを通じて投資を行うと、課税が免除されるというイギリスの制度を日本に持ってきたのです。

 日本版ISAは、株式投資の優遇措置、すなわち、通常ならば株式投資にかかる利益に20%の税金がかかるのを、10%に軽減しますよ、という制度が2012年12月いっぱいで廃止されることに伴う代替措置です。
 
具体的には、日本に国籍を持つ20歳以上の人ならば、1口座だけ個人貯蓄口座を開設できます。口座は、普通の株式投資や株式投資信託の購入と同様、証券会社などに申込んで開きます。口座を開設したら、その口座を通じて株式投資か、株式投資信託の購入を行うと、年100万円までの投資ならば、5年間、株式投資や株式投資信託で得た利益から税金を取られなくなります

日本版ISA制度はこれらのほか、細かな規則があります。ただ、実質的には、日本版ISAを利用しますと、最高500万円までの株式投資か、株式投資信託の購入で最長10年間の課税免除を得ることができます。

 しかし、注意が必要な点もいくつかあります。まず、購入した株式や株式投資信託を途中で解約した場合、別の商品を代わりに買って100万円の枠を埋めることはできません。ですから、一度購入した株式や株式投資信託は、税金の免除を受ける限り、買換えをすることはできないのです。

 また、一度開設した口座を途中で解約し、別の証券会社で口座を開設し直すこともできません。

 個人貯蓄口座は2013年10月から証券会社や、株式投資信託を販売している銀行で開設することができます。口座開設には、住民票が必要なほか、口座開設のための申込手続きと、口座開設手続きの2つの手続きが必要です。ですから、時間に余裕があるときに早めに手続きをすることをお薦めします。

NISA口座をどこで開設するか迷うところですが、現在ですと他社NISAでは取り扱いがないところも多い海外ETFの取り扱いもある楽天証券や、通常手数料などが安いSBI証券がおすすめかと思います。

NISA口座開設特典一覧
マネックス証券・・・投資信託購入手数料が1年間無料

SBI証券・・・抽選で豪華賞品プレゼント

楽天証券・・・締切11月末まで!楽天銀行「円定期預金(1ヶ月)」の金利が年1.00%に!締切12月末まで!投資信託の買付代金1,000円分をもれなくプレゼント!