現物手数料
信用手数料
PTS取扱
アプリ
外国株式取扱

ミニ株について

 株式市場で株を売買する場合、会社ごとに最低売買単位というものがあります。一定の株数でないと株式投資ができないという制度です。

具体的には、1株、100株、1,000株という売買単位があります。100株が最低売買単位としますと、100株の整数倍、つまり、100株、200株、300株...という株数でしか売り買いできないということです。最低投資単位が1,000株の場合、1,000株の整数倍でしか売り買いできないということになります。

 ですから、株式市場で株式投資をする場合、結構な資金が必要になる場合があります。たとえば、最低売買単位が100株の会社があるとします。そして、その会社の株価が1株3,000円とします。株式投資をしようとした場合、この会社の株を買うには、3,000円×100株=300,000円の資金が必要になります。

 これでは、「5万円くらいで株式投資したい」と思っているような株式投資の初心者は、この会社の株式に投資できなくなります。

 このようなジレンマを解消して、株式投資の初心者に株式投資の面白さを知ってもらおうと、証券会社が導入したのが、ミニ株です。ミニ株ですと、本来の売買単位の10分の1から投資ができます。株式市場での売り買いでは300,000万円必要な会社の株も、ミニ株ならば、3万円から売り買いすることができるわけです。

 ミニ株といっても、株主には変わりありませんので、保有している株数に応じて配当を受けることができます。また、証券会社による抽選などにはなりますが、株主優待ももらえます。

 ただ、ミニ株は、あくまで、証券会社が各自の判断で作りだし、販売している商品です。ですから、証券会社によっては、販売していないこともあります。また、欲しい会社の株式がミニ株になっていない場合もあります。

 「この値段でなら買う」といった、指値(さしね)による購入もできません。証券会社が提示する値段でしか買うことができないのです。

 ミニ株は、少額で株式投資ができるため、大きなリスクを負わずに投資できるというメリットはあります。ただ、リスクが小さい分、得られる利益も少ないといえます。ミニ株は、あくまで、株式投資の入門者が「株式投資とは、こういったもの」という感触を得るための商品と考えたほうがよいでしょう。

なお、SBI証券では、単元未満株(S株)というものも取り扱っています。これは、単元株数に関らず1株から購入できるものになります。

日経225ミニについて

 「日経225ミニ」とは、株式投資における投資商品のひとつである先物取引の一種です。先物取引とは、「ある株式を将来、いくらで売る」という約束で行う株式投資のことです。

日経225ミニでは、日経新聞が東証1部上場企業の225社を対象に算出している株価指数を売り買いの対象にしています。

 具体的には、例えば、「3日後に日経225ミニを1万2,000円で買う」というような注文を証券会社に出します。3日後に日経225株価指数が1万3,000円になっていれば、その時点で1,000円の利益を得ることができます。反対に指数が1万1,000円になっていれば、1,000円の損失を被ることになるわけです。

 日経225ミニは、実際の株価指数の100倍の金額を取引します。ですから、上記のように1,000円の利益を得られたといっても、実際は、10万円の利益を得られたことになります。損失も10万円の損失を被ったということになるのです。

 また、売り買いに必要な資金にも注意が必要です。日経225株価指数が1万2,000円であっても、その10倍の12万2,000円必要なわけではありません。証券会社に「証拠金」と呼ばれる担保を入金するだけで取引ができます。一般に証拠金は5万円程度です。

 ですから、証拠金が5万円で損失が10万円になった場合には、5万円をさらに証券会社に支払う必要があります。つまり、投資家としては、損益の部分だけで証券会社とおカネをやりとりすることになるのです。

 日経225ミニは、自分が指定する将来のいつでも売り買いできます。売買単位、つまり、売り買いできる金額の単位は、5円刻みです。5円刻みで注文を出せば、1日に何回でも売り買いができます。

さらに、日経225ミニには、清算日というものがあります。清算日はあらかじめ決まっています。そして、清算日には、どんなに利益が出ていても、あるいは、損失が出ていても、強制的に取引を精算しなければならないことになっています。ちなみに、この強制的に精算しなければならない日をSQ清算日といいます。

ですから、日経225ミニでは、売り買いの日時を決めないで取引に参加することもできます。その場合には、SQ清算日に精算することになります。