現物手数料
信用手数料
PTS取扱
アプリ
外国株式取扱

初心者にお薦めの証券会社

 証券会社は、対面販売形式によるものと、インターネットによる取引を行うものの2種類があります。

対面販売形式の証券会社とは、昔ながらの証券会社です。東京・兜町などに本社を構え、営業地域に支店を置いて、営業社員が投資家に電話や訪問によって情報を提供したりして株式投資の手助けをしてくれます。

 株式投資を行う投資家は、電話で証券会社に注文を出し、証券会社が取引を行います。

 対面販売形式の証券会社の良い点は、営業社員が顧客である個々の投資家の特長を理解し、その投資家にぴったりな株式投資先を提案してくれるということにあります。株式投資の初心者としては、心強い味方を得たようなものです。

 しかし、一方で、取引のときにかかる手数料が高いという難点もあります。また、電話による注文ですので、注文から実際の株式投資を完了するまでに時間がかかります。現在の株式投資は、超高速の電子システムで株を売り買いしますので、注文にほんの少し時間がかかるだけで投資の機会を逃がしてしまうということもあります。

 一方、インターネット証券は、基本的に店舗を持たず、顧客である投資家とは、ネット上で関係を保つだけです。対面販売のように営業社員が電話や訪問で推薦銘柄を教えてくれるわけでもありません。

 ただし、対面販売形式と違い、株式投資の際の手数料は非常に安いというメリットがあります。信用取引の手数料も数百円から数千円程度で、投資総額からいえば、ほとんど気にならないくらいの安さになっています。

 また、実際の株式投資は、すべてネットから注文しますので、電話で注文するときのように注文から実際の売り買いを行うまでの時間差が生じません。

 以上のように、対面販売方式の証券会社とネット証券は、それぞれ、利点も欠点もあります。しかし、一般には、次のようなことがいえます。まず、投資の初心者で、数千万円から億単位の大きな資金を株式投資にかけるような方は、対面販売方式がお薦めです。一回当たりの株式投資の金額が大きくなる分、手助けをしてくれる営業社員がいる対面販売方式の証券会社のほうが、リスク回避しやすいからです。

 一方、同じ投資の初心者でも、株式投資金額が数万円から数百万円といった小さな金額の投資家の方々は、ネット証券がお薦めです。小さな金額を比較的短期で運用するケースが多くなるため、手数料が安く、注文も迅速に行えるネット証券のほうが株式投資をしやすいからです。