現物手数料
信用手数料
PTS取扱
アプリ
外国株式取扱

国際分散投資

 株式投資における国際分散投資とは、投資先を日本株だけでなく、海外の株式にも広げることです。

 国際分散投資を行うメリットは、リスクを回避できるということです。リスクとは、株式の暴落による損失発生の危険性のことです。

 例えば、株式投資で日本株だけに投資している場合を考えてみましょう。円が高くなり、輸出が低迷し、さらには、デフレで景気が低迷している状況では、どんなに儲けている会社を見つけて投資してもなかなか株価は上がりません。

 それは、多くの投資家が日本という国に対して、投資への不信感を持っているからです。多くの株式投資家が、個々の会社の業績とは関係なく、日本への投資という大きな観点から日本株への投資を行わなくなると、日本株式市場への全体の投資金額が減ります。取引参加者がいないのですから、株価は上がりようがないのです。

 そんなときでも日本株式への投資だけに固執すると、損失は膨らむばかりになります。

 一方、日本株ばかりでなく、景気のよい国、例えば、アジアの新興国の株式投資も行っていたとしましょう。市場参加者が多いうえに、景気が良くて企業の業績も向上していれば、株価は上がっていきます。

 そうしますと、仮に日本株式への投資で大きな損失を被っても、アジアの新興国の株式投資で儲けた分でその損失を相殺できる可能性が高くなります。これが、国際分散投資におけるリスク回避です。

 国際分散投資をするときの分散のさせ方には、いろいろな方法があります。ただ、基本的には、平均株価が上がっている国の大手企業への投資を行うことが必要です。

 また、国際分散投資は、あくまでリスク回避の手法です。リスクを回避するということは、リターン、つまり、得られる利益も少なくなることを覚悟する必要があります。

多くの利益を得たいと考えた場合には、国際分散投資でなく、日本ならば日本、アメリカならアメリカといったひとつの国に集中して投資したほうがよいといえます。その分、当然のことですが、リスクが高いことを覚悟しなければなりません。