現物手数料
信用手数料
PTS取扱
アプリ
外国株式取扱

投信積立

 投信積立とは、毎月一定金額で投資信託商品を買い続ける仕組みを言います。証券会社や銀行などで簡単に申し込みや手続きができます。

 具体的には、証券会社や銀行が取り揃えた複数の投資信託商品の中から毎月購入する商品を指定して手続きをします。おカネの引き落とし日が決まっていますので、それまでに引き落とし口座におカネを入れておけば、後は、引き落とし日に自動引き落としが行われて投資信託商品を買い続けることになります。引き落としの金額は、500円から数万円と幅広く選択できます。

 投信積立のメリットは、毎月、少しずつ投資信託商品を買うことによって、投資に伴うリスクを軽減できるということが挙げられます。投資に回すおカネが決まっていますので、たとえば、投信積立に選んだ投資信託商品の値段が下がった場合には、買い入れる商品の量が多くなります。反対に投信積立に選んだ投資信託商品の値段が上がった場合には、買い入れる商品の量が少なくなります。

 これがなぜ、投資に伴うリスクを軽減できるかといいますと、こういうことです。投資商品というのは、常に値段が上がり下がりを繰り返します。上がりっぱなしの商品は存在しませんし、下がりっぱなしの商品は、たとえば倒産した上場企業の株など、限られた商品だけです。投資信託商品も同じです。投資信託商品の値段が下がれば、いつかは上がることが期待できます。反対に値段が上がれば、いつか下がることが予想されます。

 ですから、投資信託商品の値段が安い時にたくさん購入すれば、将来、値段が上がったときにより多くの利益が期待できます。反対に投資信託商品の値段が高い時には買う量を少なくしておけば、将来、値段が下がったときも損失の額は少なくて済みます。

 投信積立は、こういった、基本的な投資手法を簡単な手続きで自動的に実現できるものなのです。

 ただし、あくまで投資は投資。手続きのときには、投資対象にする投信商品を吟味する必要があります。また、いくら吟味しても、結果的に損失を被ることもあります。優秀な株式投資のプロでも10回の株式投資で4回は必ず失敗すると言われています。ですから、常に、自分が選んだ投資信託商品をウオッチしていく必要があります。「投信積立を始めた後はお任せ」という姿勢では株式投資をする資格はないと思ってください。

投信積立取り扱いのある証券会社
SBI証券[投資信託積立]・・・2013/3/19現在1306の取り扱い。「投信積立銀行引落サービス」でご指定銀行口座から毎月自動的に投信積立代金を引落し。