現物手数料
信用手数料
PTS取扱
アプリ
外国株式取扱

メキシコ株投信

 メキシコ株投信とは、メキシコの企業、または、メキシコでビジネスの大部分を展開している企業を対象に、株式投資を行う投資信託商品です。

 イギリスに拠点を構える大手金融グループのHSBCが組成し、2013年2月に日本で発売しました。SBI証券楽天証券、キャピタル・パートナーズ証券など国内の14証券会社で購入できます。

 メキシコ株投信はファンド・オブ・ファンズといわれる方法で投資が行われます。メキシコ株式投資のために新しいファンドを組成するというのではなく、すでにメキシコ企業やメキシコでビジネスの大部分を展開している企業に株式投資しているファンド「HSBC GIF メキシコ・エクイティ」などに投資を行うという方式です。

 1年に1回の決算を行い、収益に応じて年1回、配当を行います。ただし、株式投資の業績が芳しくなかったような場合には、配当が見送られる可能性があります。また、メキシコ株投信の収益は、実際の株式投資によって得られるもののほか、日本円とメキシコペソの為替差益も期待できます。反対に、為替差損を被る可能性もあります。

 メキシコは、アメリカと隣接する地理的に優位な位置にあります。また、自由貿易協定を積極的に進めています。このため、米国をはじめ、欧州からも世界の輸出拠点として、数多くの有名企業が進出しています。
 
 ですから、経済は安定成長を続けています。国際通貨基金(IMF)の予測では、BRICS(ブリックス)と呼ばれる新興国の成長に陰りが見られるなか、今後5年間に年率3%という経済成長が見込まれています。

 このような背景から、メキシコの株式市場の2012年の平均価格は約18%上昇しました。

 今後も株価の高い上昇率が見込めるうえに株式投資リスクも比較的低いメキシコ株式への投資は、分散投資によるリスク低減のひとつの方法として有効といえるかもしれません。

 なお、メキシコ株投信には、他の多くの投資信託商品と同じく、購入のときに手数料が必要なほか、購入後も運用手数料がかかります。また、あくまで投資ですので、経済情勢の急激な変動などにより、元本割れとなる可能性もあります。